小池菓子舗「あわまんじゅう」(柳津町)
小池菓子舗「あわまんじゅう」(柳津町)

先日の休みに、また会津に行ってきちゃいました。

今回の目的は、またまた子供と外で思いっきり遊ぶため、そして、柳津町の超有名和菓子「あわまんじゅう」の出来立てを頂くためでした。

あいにく雨が降ったり止んだりの天気でしたが、外で遊ぶ時間帯は雨に当たらず、サッカーやフリスビーで遊んできました。今回も、スポ少の大会みたいなのをやっていて、羨ましい光景でした。。。

その後、向かったのが柳津町の小池屋菓子舗。

こちらのお店は、通販や支店もあり、比較的手に入れやすい状態ではありますが、「あわまんじゅう」(1ヶ84円)はお店で出来たてを頂かなくては、本当の美味しさを味わうことは出来ませんっ

周りの粟(あわ)ともち米、そして、具のあんこの全てがホカホカで、口の中で全てが一体になる感じ。やわらかいので、断面ショーの写真撮影も断念しました…。

あわまんじゅうって別に…という方もいますが、もしかすると、出来立てのホカホカ状態を食べたことが無いのかもしれません。

家で頂いた際は、一度蒸し直しすると、出来立ての感じに戻ります。

あわまんじゅうはホカホカで。これが一番のお勧めです。

小池菓子舗
  〒969-7201福島県河沼郡柳津町大字柳津字岩坂町甲206
  TEL0241-42-2554

Yahoo!お取り寄せランキング(和菓子)をチェック!
 
【2011/05/22 18:06 】 | 福島県内・和菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
太郎庵「会津の天神さま」(会津若松市)
太郎庵「会津の天神さま」(会津若松市)

今回のGWは福島県内でのんびりしようということで会津若松方面へ。

ちょうど、鶴ヶ城の近くで子供向けのイベントをやっていて、子供達はマスクをせずに、広い芝生でフリスビーや縄跳びや鬼ごっこなど、汗だくで遊んでました。屋外でマスクをしないでいられる事と、思いっきり遊べることで、子供達もいい顔してました。

そんな光景を見てるだけでも、少しホッとします。

その際、会津若松市内の太郎庵・西栄町店へ。
目的は超定番「会津の天神さま」。

チーズ1種類だけかと思っていましたが、他にも、季節限定のいちご、そして、「まっ茶の天神さま」と若干商品名が変わっている抹茶味と種類も増えていてビックリ。(写真はいちご)

ブッセタイプの和菓子で、外ふんわり、中しっとりのやさしい食感と味わい。

定番のチーズは塩味が絶妙で、甘いのが苦手な大人の方でも頂けると思います。いちごも酸っぱさ控えめ、抹茶はアズキも入っていて、これまたいけますっ

自分が行った際は、抹茶味のバラ売り分が売り切れていたので、3種類が入ったパックを購入しました。それぞれ若干値段が異なりますが、だいたい1個130円位でお手頃ですね。

うちの娘は、恒例の全種類試食をさせて頂き、ご満悦の様子でした ^^;

お菓子の蔵 太郎庵
  〒965-0877会津若松市西栄町2-16(西栄町店)
  TEL0242-28-8310(西栄町店)

Yahoo!お取り寄せランキング(スイーツ・洋菓子)をチェック!
 
【2011/05/05 11:07 】 | 福島県内・和菓子 | コメント(3) | トラックバック(0)
柏屋「薄皮饅頭」(郡山市)
柏屋「薄皮饅頭」(郡山市)

定番甘味が続いてますが、今回は、柏屋の薄皮饅頭を紹介しますっ

あまりにも定番すぎて、何を書いてよいか判らなくなりますが、その名の通り、うすーい皮に包まれたアンコが、しっとり系で甘すぎず、何個か続けてパクパクしてしまう逸品。1個94円です。

アンコは「こし」と「つぶ」があり、自分は「つぶ派」です。
正確に答えるならば、1個目が「こし」、2個目に「つぶ」を食べてしめるっていう感じです ^^;

こちらの薄皮饅頭、美味しいのは当然なのですが、その素晴らしさは、柏屋の接客のすばらしさだと思います。

かゆいところに手が届く感じでしょうか。できそうでできない接客対応があるからこそ、長い間親しまれている老舗なんだと思います。

ちなみに、今回行ったのは、さくら通り沿いにある郡山市朝日の開成店です。

このお店の裏には「萬寿神社」があって、毎年4月には「春のまんじゅう祭り」が盛大に開催されます。

今年は残念ながら、震災に係る自粛が理由で開催中止になってしまいましたが、復興祈願として是非開催して欲しいものですっ

柏屋
  〒963-8024福島県郡山市朝日1-13-5(開成店)
  TEL024-922-5533

Yahoo!お取り寄せランキング(和菓子)をチェック!
 
【2011/05/01 16:05 】 | 福島県内・和菓子 | コメント(4) | トラックバック(0)
旅館源平「源平だんご」(郡山市)
旅館源平「源平だんご」(郡山市)1
旅館源平「源平だんご」(郡山市)2

震災による自粛ムードを打開するべく、久しぶりに美味しい甘味の紹介です。

復活第一弾は、郡山市開成山公園の花見には欠かせない名物となっている花見団子、旅館源平の「源平だんご」(写真は500円)です。

甘すぎないアンコと柔らかい小粒な団子は最高のバランス。
賞味期限は当日のみ。箸ならず爪楊枝がすすみます ^^;

今回買ったのは「こしあん」ですが、他にも、しょうゆ、ごま、ずんだ、つぶあん、さくらあん、と種類も沢山。単品や2種類入りや3種類入りなど、好みで選ぶことが出来ます。

こちらの花見団子は、毎年花見の時期だけの限定販売で、ピーク時は行列ができる人気アイテムです。

今回は、花見の時期には順番待ちや駐車場確保で一苦労する思ったので、本日、先取りで買ってしまいました。(開成山公園は来週末が見頃かな?)

岩手県の酒蔵さんも花見自粛はやめてっと言っていましたが、私も賛成です。
せっかくの春を感じる機会ですから、日本中で盛り上がってほしいものです。

旅館源平
  〒963-8851福島県郡山市開成3-4-3
  TEL024-922-2496

Yahoo!お取り寄せランキング(和菓子)をチェック!
 
【2011/04/08 20:34 】 | 福島県内・和菓子 | コメント(3) | トラックバック(0)
太田屋菓子店「いもようかん」(須賀川市)
太田屋菓子店「いもようかん」(須賀川市)

今回紹介するのは、須賀川市の旧長沼町にある太田屋菓子店の「いもようかん」(1ヶ100円)です。大きさは、5cm×3cm×2.5cm位。ちょうど良いサイズです。

この「いもようかん」は、一言で言うと「上品で素朴なサツマイモ」を食べている感じ。上品と素朴という相反する表現になってますが、とても丁寧に作られているのが伝わります。

見た目の「四角具合」が、直角好きな自分にとっては最高に上品に感じます。そして、滑らかな食感なのに、こしすぎず、サツマイモの繊維感も絶妙に残っていて、それが素朴な味わいになっています。

原材料は、さつまいも、砂糖、塩のみ。シンプルで素敵です。

お店は、須賀川市から国道118号線に入ると右側にあります。「二岐まんじゅう」の看板が目印なので、是非お試し下さい。おすすめですっ

→太田屋菓子店
  〒962-0122福島県須賀川市木之崎字蓑輪6-102
  TEL0248-68-2619

Yahoo!お取り寄せランキング(和菓子)をチェック!
 
【2010/12/09 20:50 】 | 福島県内・和菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ